禿げ坊主には慣れたがそれに伴う不快感が結構きつく

頭頂部や前頭部の薄毛部分と側頭部の濃い部分の差がはっきり見えるのがどうしても嫌で、数年前から思い切って坊主頭にしている私。

一旦坊主になるとそういった欠点が隠される上にヘアスタイリングの煩わしさが一気に消え、これまで億劫だったオフの外出もむしろ気軽に出来る様になったのが大きなメリットでしたが、その一方ちょっとしたデメリットにも気付きます。

一つは思い切り髪の毛を短く刈り上げてしまう分、次のヘアカットまでのスパンが一気に短くなってしまう事。

坊主に刈り上げ立ての頃は大変清々しく過ごせるものですが、その状態も長くて2週間まで。

1ヶ月も経たないうちに側頭部をメインに元気な髪がどんどん伸びてきてしまい、3週間後位には髪の毛の濃い部分と薄い部分の差が傍から見ても確実に分かる位にまでなってしまいます。

ですから最低でも3週間に1度はバリカンで綺麗に刈り上げ直さなければならず、これが結構面倒。

通常の髪の長さならヘアカットのスパンは2ヶ月以上空けられるものでしたが、それが半分以下に縮まってしまえば、煩わしさや手間もぐんと増してしまいます。

もう一つは、本来髪の毛によって守られている筈の頭皮が外気に直接晒され易くなり、ちょっとした刺激や乾燥により、頭皮が痒くなったりカサつき易くなってしまう事。

確かに日々のケアは大変楽にはなりましたが、その分やけに白いフケが目立つ様になった気がします。

おそらく頭皮の痒さから、無意識に指や爪で掻き毟ってしまう事があるのでしょう。

時にはベッドの中で寝ぼけ半分で頭を掻いてしまうケースもある様で、朝起きると頭皮がやけにヒリヒリ痛い時もあるものです。

禿げ坊主にしたからと言って、頭皮を含めたケアの必要性が全く無くなるというのは嘘で、むしろ外気とデリケートな頭皮が近付いた分だけ、これまで以上に意識してケアをしなければ、痒みやカサつき、フケといった症状がむしろ頻繁に出てきてしまいます。

そこまで十分許容出来るメンタルを保ててこそ、初めて坊主頭にする選択肢が出てくるもので、そこまでの覚悟が無ければ、多少の薄毛程度であれば、あまり周囲に不快感を与えない程度の短髪に留めた方が結果は良いのではないか、と思ったりもしています。

私は既に覚悟を決め丸坊主になってしまいましたが、初めて坊主頭になってから数年、未だに痒み等の違和感が出てきてしまうケースがあります。

特に冬場は低温の上空気も乾燥して辛く、せっかく気にならなくなったのに、逆に帽子が必須という皮肉な状況となってしまっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です